【ワーキングホリデー制度とは】

ワーキング・ホリデー制度とは、二つの国・地域間の取り決め等に基づき、各々の国・地域が、相手国・地域の青少年に対して自国・地域の文化や一般的な生活様式を理解する機会を提供するため、自国・地域において一定期間の休暇を過ごす活動とその間の滞在費を補うための就労を相互に認める制度です。

 

日本のワーキング・ホリデー制度は、1980年にオーストラリアとの間で開始されたことに始まり、現時点では26か国が対象となっています。(2020年11月末時点)

ワーキング・ホリデー(以下、ワーホリ)ビザは仕事をしても、語学学校に通っても、旅行しても良いという自由度の高いビザです。留学は高すぎるからと諦めていた方には特にワーホリがお勧めです。

 

留学の半額以下の費用で、海外で暮らしながら勉強ができ、さらにバイトも出来る素晴らしいビザです。

一生に一度のチャンスなので絶対に活用してください。