ナギサさん オペア体験談


渡航期間 2019年6月〜11月


私は約5ヶ月の間オーストラリアのパースでオペアの体験をしました。

大学時代にIIC渋谷英語クラブに通い始めてから海外旅行にはいろいろ行っていたのですが、長期滞在はしたことがありませんでした。そこで大学卒業後、社会人になる前にチャンスがあり、現地での生活費がほとんどかからないのと、ネイティブの英語漬けの生活が送れるところがすごく良いなと思いオペアで渡航しました。


子供は本当に可愛くて私は3歳と0歳のboysのお世話をしていました。やんちゃざかりのお兄ちゃんと毎日たくさん遊び、赤ちゃんのおむつ替え、ミルク、寝かしつけ一通りお母さんの仕事の大変さを実感し、自分の親に改めて育ててくれてありがとうと思いました。


ホストマザーが私と価値観が似ているところも多くあり、夜ご飯のときに恋愛の話や、今後どんな人生を生きたいかや、政治や歴史の話など本当にいろんな話を共有していました。そして家庭を持ちながらも自分でビジネスをやっていて(ホストマザーはキッザニアの小さいバージョンの子供向けのロープレ施設を運営していました)そこのお手伝いをしたり、ワーキングマザーのいいモデルのようなお母さんでした。


家族は本当に優しくて、私を本当の家族のように接してくれて、お父さんがNZ出身だったのでラグビーワールドカップを一緒に観戦し、フェイスペイントを家族でやったり一緒に寿司食べに行ったり、ピクニックしたり、私の好きなタピオカミルクティーをご褒美で買ってきてくれたり、かけがえのない時間をステキな家族と過ごすことができました。


最後はサプライズで思い出のたくさん詰まったアルバムをプレゼントしてくれました。


働きながら異国の家族と暮らすことは大変なこともありましたが、間違いなく経験してよかったし、本当の意味での第二の故郷ができたなと思います。





#オペア #オーストラリア